1. 無料アクセス解析

【雨風食堂】 あの名機が復刻?!

 
あの金色に輝く名機が我が家に!(ディア○スティーニ風に)

さて、某ロボットアニメのMSでも某SF映画の通訳ロボットでもありません。我が家にもやってきましたのは、


・・・・製麺機です!(バーン)


例の年越うどんの話の時にボヤいていましたが、そばのコシとは違ううどんのこし力(ぢから)に愕然としましてね。

将来的に「中華麺や生パスタも作ってみたい!」。そんな欲求がありましたので製麺機を導入しました。需要の少なさかお値段もけっこうしますので中古品も考えていたのですが、昭和時代のものですのでメンテにかかる手間と費用もバカにならないとのこと。まぁ、愛着も出そうではありますが。

で、たまたまですが小野式の復刻版が金物の聖地である新潟県の燕三条地区の会社で製造されているという情報をキャッチ。うどんを家庭で作っていたのは群馬、埼玉、山梨だったのにこの会社に何があったんでしょうね。


EOS_2498.jpg

金色に輝く新品の製麺機が我が家に!

ちょっとした感動と置き場所に困るその大きさに心が揺り動かされます。


EOS_2505.jpg

大きい歯車と金色の切り刃ががっちりと大人心をキャッチして離しません。


EOS_2507.jpg

口に入るものを作るわけですから、まずは消毒から。


EOS_2509.jpg

食べ物が触れない軸部には同梱されてきた指定機械油を注油します。歯車は指定外ですが当座は良いのでしょうか。油による汚れの付着も気になるので様子見です。


EOS_2511.jpg

次にのしローラーや切り刃の細かい清掃用に「捨て生地」を作り、実際に何度かのし・切りを行います。


EOS_2516.jpg

賛否両論ある「足踏み方式」でこねていきます。我が家は「死にはしない」という心身が屈強な方々なので足踏みでいきます。


EOS_2541.jpg

適度な大きさに分割してローラーにて延ばしていきます。まったく力をいれることなくスルスルと延ばされて出て来る麺帯に感動。


EOS_2548.jpg

基本、一人作業のようですが最終工程の「切り」のときに麺帯を持っている人と切れて出てきた麺体を持つ人がいると楽です。一人作業でなおかつモタモタしていたのもありますが出てきた麺同士がくっつきました。次は打ち粉を先にまぶしておくと良さそうです。


EOS_2497.jpg

回転ずし・おにぎり製造マシンに使われる離型潤滑油「シャリバナーレ」などを製麺前にのしローラーや切り刃にひと吹きしておくのも一つの手です。

では!

tag : 製麺機

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けたぐり小僧

Author:けたぐり小僧
宮城県沿岸部在住。鈴菌保菌者のコミネマン。自転車・バイク・パン作り・二胡。ゆる登山や温泉旅行。素人だけに楽しい日々。万歳!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる