1. 無料アクセス解析

【自転車】補修塗装(その1) [ODR2]

 
当Blog関連記事 【自転車】補修塗装(その2) [ODR2]


IMG_1104.jpg

いやー、実はですね。このあいだのポタイベの時、防寒用品を忘れて一度自宅へ戻ったので集合時間ギリギリとなりましてね。集合場所にて自転車をたてかける際も焦っていたんですよ。そしたらつまづいて自転車を塗装したての柱にドスコイしちゃいましてね。転んだキズなら武士の本懐、戦士の勲章ですがドスコイです。私のフレームはクロモリですのでけっこうなヘコみがトップチューブにできたとは言え、クラックうんぬんは避けれた感じです(希望的観測)。しかし、なにせヘコんだ箇所がトップチューブ。自業自得とは言えあまりにも目立ちますので、錆も気になるところですし再塗装を、それも自分でやってみることにしました。最近はバイクも増台しましたし、場数を踏んで車・バイク・自転車のちょっとした再塗装を自分でしていきたいですしね。
 

IMG_1106.jpg   IMG_1105.jpg     IMG_1157.jpg

近所のDIYセンターは補修用品がHolts(武蔵ホルト)系が大半でしたが、参考HPはSoft99の補修ナビコーナーを参考にしました。Holtsのは動画で分かりやすかったのですが、要所要所で確認したいときに早送りなどが面倒だったんですよね。実際の作業として、まずは軽く洗車して表面の汚れ等を落とし、耐水紙#180で柱の塗装が付いてしまった箇所を削り落としました。パテ盛りするところは塗装もすべて削るとなっていましたので、真ん中の写真後、凹み箇所の塗装はすべて削り落としています。最後にホルツ「シリコンリムーバー 300 MH11102」を吹きかけて一服。これによりワックス、手脂その他の油分を落とすことができ、パテや塗料のノリが良くなるそうです。揮発性が高くかなり速乾性がありますね。


IMG_1107.jpg     IMG_1108.jpg     IMG_1109.jpg

次に、凹み傷用のホルツ「コントロール MH101(厚づけパテ)」を準備。厚づけパテは白用と黒用があり、その他の色は全色対応のこの商品となっていました。ベタつく液が入ったパテチューブと硬化剤チューブの2本が入っているほか耐水紙3種とヘラが入っています。このベタつく液が曲者でチューブをしぼっているあいだに手についてしまったのですが石鹸で一度、手を洗ったぐらいでは落ちませんでした。パテが乾燥後、耐水紙#600前後で凹凸をならすのですが、通常、段差を消すのにサンディングブロックを使ったほうがキレイにいくとなっていまして、もちろんこちらは初心者です。ブロックも買ってゴシゴシ磨きました。しかし、それはほぼ平面の話。フレームのトップチューブはかなりの曲面です。ハッと気付いた時にはすでに遅く、せっかく盛ったパテの山頂がまっ平らに。耐水紙を指にまいて少しずつ磨いたほうが良かったのかもしれません。


IMG_1158.jpg     IMG_1110.jpg

かなりの妥協をいれつつパテ均し作業も終え、ホルツ「プライマー MH2364」にて防錆と塗装のノリ向上のための下塗りを行いました。取説通りでいくと適正使用温度は10~30度。玄関内で風がないとはいえ室温は5度ぐらいしかありません。練習がてらきちんと重ね塗りもしたいので15分ほどの乾燥時間を倍の30分でみて気長に塗り重ねていきました。ただ、休みの日中を使って5度ほどです。日が落ちれば0度付近まで室温が下がりそうです。この温度差による弊害が分かりませんのでスプレー塗装本番を次週へ持ち越すことにしました。ええ、ということは玄関内にこのまま自転車が放置されます。塗料臭いわ自転車は邪魔だわ家族にはいい迷惑だったと思います。

- つづく -

tag : 自転車 補修

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おぉ やってましたね

ちゃんと順をおって作業なのですね 感心します
うまくことを 願ってます

タッチペンでペペペっとやったぐらいの経験しかありませんので自分の自転車ですしダメ元で気長にやってました。失敗してもネタになります。
プロフィール

けたぐり小僧

Author:けたぐり小僧
宮城県沿岸部在住。鈴菌保菌者のコミネマン。自転車・バイク・パン作り・二胡。ゆる登山や温泉旅行。素人だけに楽しい日々。万歳!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる