1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポタリング】Kヶ森~M沼40kmポタ

 
参考:【ポタリング】地元オータムソロライド43km[MTB編]

前回、J品山~Kヶ森ルートを走ろうとしたが、O勝峠で道を間違ってしまい、O川町H蕨へ下って無駄に舗装路を走行した。それなら、Kヶ森から上れば道に迷わなんのでは。そんな安易な考えで家を出た。
 

DSCF4167.jpg     DSCF4168.jpg     DSCF4169.jpg

ライフル射撃場や小学校記念碑を通り過ぎるとすぐにKヶ森入り口が見える。江戸時代に建設された「Kヶ森館」跡とされる見晴らしの良い山頂まで未舗装の林道が続くはずである。


DSCF4172.jpg     DSCF4170.jpg     DSCF4173.jpg

山頂まで未舗装の記憶だったが舗装路へと出た。それも新しい。方角的にそのまま上っていけば良さそうだが、遊び心を出して少し下ってみたら案内板が見えた。丈の長い草を足でなぎ倒し確認する。射撃場脇から伸びる林道「Kヶ森線」のようである。あー、あったあった。かなーり昔に数度走った記憶があるが、いまだ工事をしていることに驚く。不定期の休工中のようなので予算とか色々あるんかね。とりあえず、確認できたので12%の勾配を上りなおすことに。


DSCF4174.jpg     DSCF4175.jpg     DSCF4176.jpg

急勾配だがキレイな舗装路のためなんとか上れる。じわじわ上っていたら待避所から脇にそれる山道を発見。臭いな。これだろ。下にも伸びる道があるが廃道化が進んでいて走る気にならない。山頂らしき方向の道を上る。


DSCF4177.jpg     DSCF4178.jpg     DSCF4179.jpg

分岐へと出た。予想的中。当たりだ。射撃場への旧道(写真左の左)とM津へ抜ける道(写真左の右)がある。平成21年に設置された道標(杭)で確認できる。M津へ抜ける道は初見だがこれも走りたいとは思わない道だった。上ってきた道(写真中の右)の右手にまだ上る坂(写真中の左)があり、それに当たりをつけ再度上る。振り返るとM石浦の街並みがキレイに見える。


DSCF4180.jpg     DSCF4181.jpg     DSCF4182.jpg

山頂付近のはずだが着きそうで着かない。標高281mだが押しの回数も増えているため進みが悪いようだ。何かが土を掘り起こした跡が数箇所あり、野兎のような糞もある。人間より他の動物のほうが利用率高そうではある。道をふさぐ難易の高い倒れ方をした倒木を何とかやり過ごし、少し上ると視界が広がる。手入れの行き届いた公園のような場所へと出た。すぐに山頂付近と分かる。シングルトラックへと入る場所には例の真新しいキレイな道標(杭)。


DSCF4183.jpg     DSCF4184.jpg

9時半にKヶ森入り口を通過して1時間が経っている。もう少し早く着くかと思ったが、新道との交差などにより以前のルート以外のところを上ってきたようだ。現に山頂の案内板の後ろには本来の上り道があった。そこから5分ほどで舗装路へと出た。脇の山道にふらふらと入り込まずにそこから上れば良かったのだ。


DSCF4185.jpg     DSCF4186.jpg     DSCF4187.jpg

気を取り直して林道「Kヶ森線」を進む。小さなアップダウンはあるが標高も変わらず、未舗装部分も砂利がきちんと敷設されているため走りやすい道である。しかし、途中に見えた案内板を見て驚愕する。前回、ヒーヒー言いながら帰ったO川町H蕨へと続く道なのである。違う違う。こっちじゃない。もう、嫌じゃ。O川街道は嫌じゃ。最初に失敗して懲りたので2箇所ほどスルーした脇道のどちらかがK萩山へのルートのはずである。


DSCF4188.jpg     DSCF4189.jpg

無事、ルート発見。K萩山山頂へのルートは発見できず、そのままO勝峠を目指す。


DSCF4190.jpg     DSCF4192.jpg

いつものO勝峠の東屋で昼食である。何が違うと言えば愛妻弁当。コンビニおにぎりを買うのがもったいなくなったので自分で作ってもってこようとしたら作ってくれたのだ。愛が詰まってるかは不明だが酢は詰まっていた。酢っぱ党のおいらじゃなかった憤死しそうな勢いである。


DSCF4193.jpg     DSCF4195.jpg     DSCF4196.jpg

コーヒーで胃を落ち着かせたらO勝峠~M沼のシングルへ突入である。紅葉も終わり、落ちた葉をサクサクガサガサ踏みながらのんびり走る。雨水による掘れ部分や木の根が見えないのは若干怖いが、落葉の中を走るのも楽しい。しかし、シングルは転倒の危険性がはね上がる。前回もJ品山~M沼で転倒したが、今回も転倒した。倒木した木の幹にフロントから垂直に当ててしまったのだ。気づいたらキレイな一本背負いをくらっていた。ザックがなかったらヤバかった。冷や汗。ザックのお陰で背中は守れたが左腕が痛い。折れてはいないようなので自走でこのまま下山することに。M沼に出たら今度は山頂に上ってみようなどど思っていたが断念である。


DSCF4197.jpg     DSCF4198.jpg     DSCF4199.jpg

痛いと感じるならまだマシかと自分を慰め、ヒートギアの上からでも分かる腫れ具合を見ないようにしながら、M沼山頂手前の駐車場からM沼の里へと下る。道幅は細いが車も走れる幅員は充分にあり、転倒の興奮も収まり段々と痛みを感じだした腕ながらも気持ちの良いスピードで下れた。


DSCF4200.jpg

そんなこんなで午後1時も過ぎた。天気が良いのでキャンプにいこうとしたが怪我と残り時間を考えると行けそうもない。トホホ。

tag : 自転車 ポタリング 地元里山 MTB

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うーん 昔 走ったときと違う感じですね
僕もなんとか休みとらないと・・・(笑)

写真 マメに撮ってますね 見習わないと・・・

急がば

10年前は伐採、数年前は舗装工事、最近は崖崩れの補強工事でどこも風景が・・・・・。なおさら、カメラにも思い出を収めたくなります。

と、言いつつ撮影=休憩なんですけどね。
複数で走る時の大人の事情ってやつですよ。うししし。
プロフィール

けたぐり小僧

Author:けたぐり小僧
宮城県沿岸部在住。鈴菌保菌者のコミネマン。自転車・バイク・パン作り・二胡。ゆる登山や温泉旅行。素人だけに楽しい日々。万歳!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。