1. 無料アクセス解析

【雑記】女川山三十三観音巡りノル - 30m? with 奥様

 
あけましておめでとうございます。
年末年始と微妙ながらも一応頑張って早起きしていたのに自転車に乗っていない“けた”です。
こんちくしょーと。

雨雪でも土日となれば出撃する時代がありました。
え-えー、もう良い思い出です。うんうん。

最近じゃ、路面に積もってもいないどころか濡れてもいない粉雪でも出動しなくなったね。
これがいわゆる「寄る年波」ってやつですかね?

しかしながら……初詣に奥様一人で行かせたのは失態。
まだ「新婚さんいらっしゃい」の参加資格があるぐらいなのに実家にチクられたらたまらない。

ということで、一回で三十三度おいしい女川山「三十三観音巡りノル」に行ってきたぜ!
 
1月2日。ノル初め。

年開けてからまともに外出るのも初めてというダメっぷりフルスロットルなのは良いのだ。良いの良いの。
石巻→女川までの道のりが普通に積雪じゃないの。
いや、まーね。東北では一番降雪・積雪が少ないうえにその宮城でも上位に入るけどさ石巻は。

奥様カーは生意気にRVなので無事女川に到着。
積雪量……というかMR-Sじゃないから特に冷や汗をかくこともなかった。

さて。

遠い場所にある観音巡りに苦労して行かなくても済むように1824年に独国和尚が女川山に建立した三十三観音。
風化して削れたのか彫るの自体はそんな上手くなかったのか素人目にはちょっとアレだ。レアなタイプだ。


……にしても。風強いすな。

服がもこもこで動きづらい、視界悪い、足場滑る。
素人が冬山登山なんてするななんて言われるの分かるわ。


DSCF2203.jpg

更年期の寒がり体質の奥様は高位の重ね着スキルと(おいらの)ZIPPO社ハンディーウォーマーを装備。
人っ子1人どころか犬っ子1匹いない風と木々が擦れ合う音のみの参道を進む。

密かに「ココで隠れたら面白いかな?」とか思ったけど逆鱗に触れたら正月料理が水の泡となる可能性大なので我慢の子。


DSCF2205.jpg

最初の難関。そして最後の難関。
歩き始めて5分ほどの「波切不動尊」脇から登るポイントが結構な斜度だよ。

以前に会社のちょっとした新聞の記事で取材に来ていたけど……いや~、雪あると結構大変ね。
今は階段のように板?石?をかませてるから幾分マシなんだろうけど。

小1時間ほどで終わるしゴハンタイムもないから荷物少なくて良かった良かった。


DSCF2207.jpg

黒いサングラスにネックウォーマー、耳あてに帽子という街にいたら即通報ものの出で立ちですな。
実は着すぎて開始10分で汗ばんでた。アンダーアーマーは汗とおすけどダウンジャケットが…ね……。


DSCF2208.jpg

観音碑。70~80cmなのかなぁ?
何年かかったのか分からないけど結構小さい。

良く言えば「愛嬌があって親しみやすい」とも言えるのか。


DSCF2209.jpg

最初の難関「波切不動尊」を過ぎて「展望台」あたりまで登ればあとはこんな感じの道になる。
シングルとジープロードの中間あたりだろうか。

自転車だとこれぐらいのが一番好き。
ポタ仕様にしてしまってスリックタイヤとフロントキャリア着けちゃったから全然オフなんて走っちゃいないけどね!

下山?ルートはほぼ真っ直ぐだけどたま~に道ぞいの岩や木でいきなり滑る。という「ギックリ腰コース」ではあったけど時間はそんなかからずに終了。

そして……コーヒータイムですよ。くふふふ。


DSCF2212.jpg

フフフ…アハ……アハハハh!

ヤマトの諸君!今回はいつもの私じゃないのだよ!!!


DSCF2211.jpg

トランギア「アルコールバーナー TR-B25」持ってきた~!

ゴトクは自作も考えたけどカラビナ通す穴もあるし3枚に分割なるからおいらにゃ充分かなと同社の「トライアングルグリッド TR-P301」をチョイス。

本来はガス→ガソリンにいくのが王道なの?

ガス・ガソリン・アルコール……etc。
数ある燃料の中でも、

「風に極端に弱く火力はどうしてもイマイチ」

という頭ひとつ抜き出た強力なデメリットがあるけど「(ほぼ)メンテフリー、燃料安価、静音性・耐寒性バツグン」のメリット。ちょっと換気にも気をつければタープ内とかでも使える万能性。

・ソロor夫婦二人
・ノルorポタがメイン

食事人数少なくて登山愛好家ほどじゃないけど積載量(むしろ体力)にも制限があるおいらとの相性バッチリじゃないの~~♪
自動点火機能がないからライターorマッチ必須だけどそこは愛嬌。

「食事人数・食事時間」が固定なら固形燃料も良さそうなんだけどね。


DSCF2213.jpg

輻射熱に強い……というかあったほうが良いアルコールランプならではの「風防でがっちりガード作戦」でコーヒー2杯分なら10分もかからずに沸騰することができた~。

奥にあるのは同社「ヒューエルボトル 0.5L」。
ちょっと保管する程度ならバーナー本体に入れっぱでも大丈夫だけど携帯・携行するにはちと不安ありということなので一緒に買っておいたやつ。


DSCF2215.jpg

駐車場脇の駅構内で出発間際の2両編成車両を眺めつつ帰路に。

tag : ノルディックウォーキング 女川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けたぐり小僧

Author:けたぐり小僧
宮城県沿岸部在住。鈴菌保菌者のコミネマン。自転車・バイク・パン作り・二胡。ゆる登山や温泉旅行。素人だけに楽しい日々。万歳!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる