1. 無料アクセス解析

【旅行】 稲庭うどんグルメ小旅行 2日目

 
EOS_2464.jpg
<小安峡 大噴湯>

国道398号線を進むと足湯や物産館のある小安峡駐車場が見えてきます。この辺りでは唯一と言っていいような観光名所と休憩ポイント。たまたま、海鮮フェアをやっていて地元名産なども陳列されていました。

小雨も降ってはいましたが、グッと気温が低下していたので下にも降りてみました。大噴湯もそれは見事でした。


PEN00871.jpg
<佐藤養助総本店 タイカレー二味セット>


PEN00874.jpg
<佐藤養助総本店 味くらべ(温・冷)と比内地鶏炊き込みごはん>

変わり種のタイカレーメニューと王道の温うどん、冷うどんの食べくらべセットメニュー。それに、豪勢に炊き込みごはんを追加。温うどんのつゆが私のどストライクで再食できて幸せであります。


PEN00877.jpg
<珈琲・雑貨舎 重右衛門珈琲①>

PEN00879.jpg
<珈琲・雑貨舎 重右衛門珈琲②>

食後のコーヒーは同じ国道398号線にある「珈琲・雑貨舎 重右衛門珈琲」にて。雑貨もですが地酒も豊富でした。テーブルのガラス天板の下にコーヒー豆というのが洒落ています。


EOS_2470.jpg
<一迫 牛渕公園>

肌寒くても子供たちは元気ですが体を動かしていないのに耐えられる大人もスゴイ。

tag : 旅行

【旅行】 稲庭うどんグルメ小旅行 1日目

 
食の秋。国道398号線閉鎖はまだ先ですが、無性に佐藤養助本店の稲庭うどんが食べたくなりましてね。用事を済ませた昼過ぎに家を出まして翌日朝に現地到着予定。どうしても食べたかったので並ぶ覚悟で出発しました。


EOS_2450.jpg
<江合川あったか河川公園>

自然あふれる岩出山周辺ですがそのせいか公園というものが少ないです。いつもの江合川あったか河川公園にて小休止。

お昼はいつもは並んでいて敬遠していた国道108号線沿いの「麺屋千葉」。あまり慣れていない食券スタイルでした。入り口入ってすぐに券売機、そしてその横にセルフの自家製ニラキムチが置いてあるため入り口周辺がなんとなく動線が悪いイメージ。

中華そばJapanシリーズが看板メニューのようでそれの最上級グレード?の「中華そばJapanスペシャル」。1000円オーバーを頂いてきました。何がスペシャルか確認しないで勢いで選択しましたが見た感じ肉厚のチャーシューが追加されているようです。

醤油派の私ですが個人的には特製味噌ラーメンのほうがお好みでした。開店してまもないのか小洒落たキレイな店内が好印象でした。接客は普通。

夜は鳴子中山平温泉の「しんとろの湯」を堪能しました。うなぎの湯、美肌の湯、強アルカリ性の源泉は最高であります。


PEN00870.jpg
<麺屋千葉 外観>


PEN00868.jpg
<麺屋千葉 中華そばJapanスペシャル>


PEN00869.jpg
<麺屋千葉 特製味噌ラーメン>



tag : 旅行 グルメ

【バイク】 リハビリツーリング [V-Strom & ST]

 
お恥ずかしながら、またまた、腰痛を患いましてね。週末の天候不順とあいまって全くバイクに乗れていませんでした。にしても、今年は10月上旬だというのに気温が落ち込みが早く、気が焦るばかり。


PEN00859.jpg
<道の駅「花山」>

私のVストもうちの奥様のSTも全然動かしておりませんので道の駅花山までの単調ルートを軽く流してきました。道の駅には国道398号線をこれからなのかすでになのか走った(走る)バイクでいっぱい。紅葉シーズンまであと少しですしね。


PEN00866.jpg
<ドライブイン「一力」①>

みそ辛ねぎラーメンです。ニラやニンニクの葉ではなくネギ。みそ辛とはなっていますが、激辛とかそういうものではありません。ただ、ヘルメット内は間違いなくすごい臭いに包まれます。


PEN00861.jpg
<ドライブイン「一力」②>

もう一品は、入店が遅かったためゴハンが終了していましたので五目中華そばを注文。品がテーブルに並んで気づいたのですが、前回来た時と同じものを注文しています。(2016年1月11日 過去Blog)


PEN00867.jpg
<ドライブイン「一力」③>

なんにせよ、店内の雰囲気や接客が昔ながらで落ちつきます。

tag : バイク

プロフィール

けたぐり小僧

Author:けたぐり小僧
宮城県沿岸部在住。鈴菌保菌者のコミネマン。自転車・バイク・パン作り・二胡。ゆる登山や温泉旅行。素人だけに楽しい日々。万歳!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる