1. 無料アクセス解析

【雨風食堂】亀杉そば(富谷)

 
IMG_4112.jpg

IMG_4113.jpg

お義母さんのお見舞いで仙台に行ってきました。キャンツーで県外にばんばん行く私ですが都心部は人嫌いもあってまず行きません。特に仙台。お昼時間に現地を出たのですがその理由で富谷まで抜けまして目についたお蕎麦屋にすべりこみました。

小さ目の古くさい佇まいの店舗ですがそれがまた落ち着けて良い感じです。普段、天ぷら料理をしてもらえないのでここぞと天もりを頂きました。奥様は冷やしからしそば。しらすごはんが気になったのですが遅いお昼だったので我慢。

tag : 雑記

【ツーリング】キャンツー秋田編 2日目 [Bandit]

 
EOS_0683.jpg

秋田キャンツー2日目。抱き返り渓谷を諦め、諦めきれない川原毛地獄、小安峡目指している道中。三ツ村の鹿島さまに遭遇。一瞬、「え?! 磔??」と村民のドSっぷりに驚愕したそんな瞬間。よく分かりませんが鹿島さま万歳。


EOS_0686.jpg     EOS_0690.jpg

EOS_0698.jpg     EOS_0719.jpg

EOS_0717.jpg

マイナーでそれでいてメジャーな泥湯温泉を通過してバイクで1、2分。川原毛地獄パーキング到着。すでに硫黄臭満載。周囲の新緑に溢れる森林とは対象に白い荒野が眼下に。有毒ガスが噴出する箇所は岩肌も黄色く変色しております。その地獄絵図を下った先には「川原毛地獄大湯滝」。滝の水が温泉、それも混浴。水着着用ですがね(当たり前)。地獄に仏というかそれこそ天国というか。まぁ、もちろん誰も居ませんでしたが。カメラを落とすのが怖くて片手だけ入れてみましたが、時期的に温水プールていど。むしろ、汗をかきながら下ってくること10数分。汗を洗い流しても帰りは今度は上りというね。強酸性なので入れた左手だけツルツルです。強アルカリ性の鳴子のうなぎの湯とはまた違った味わい。


EOS_0726.jpg     EOS_0727.jpg

そこから15分ほどバイクを走らせるとすぐに小安峡です。お腹も空いたので名物稲庭うどんにまいたけごはんのセットを注文。後入れなんでしょうか塩蔵まいたけ?が少し塩辛い。冷やし稲庭うどんは最高でした。


EOS_0737.jpg     EOS_0739.jpg

こちらの大噴湯も負けず劣らずなうえに新緑の渓谷美も良いですね。目を引く頭上の赤い橋も渓流の青、木々の緑とのコントラストが最高です。次は岩手県北部、青森県南部なんて良さげですね。

テーマ : キャンプツーリング
ジャンル : 車・バイク

tag : バイク キャンプ 東北 秋田

【ツーリング】キャンツー秋田編 1日目 [Bandit]

 
EOS_0629.jpg

福島、山形と来ましたからね。秋田行っちゃいましょ秋田。と、いうことで。広くて立派な山間道を楽しみながら、「厳美渓~小安峡~河原毛地獄」を一刀両断観光して秋田にてキャンプイン。2日目は「抱き返り渓谷」でも眺めて秋田道から一気に帰宅。えぇ、はい。そんな夢を見ていました。


EOS_0628.jpg     EOS_0640.jpg

EOS_0641.jpg

朝、7時に三陸自動車道のお陰で通行量が激減した一関街道から一関入り。厳美渓もこの時間帯だと人もまばらです。好きな角度で写真撮り放題。


EOS_0649.jpg     EOS_0651.jpg

次の小安峡目指して快適な国道342号線のワインディングを楽しんでいたところ立派な橋の左手に倒壊した橋を発見。これ、2008年の岩手・宮城内陸地震の際に地すべりで倒壊し災害遺構として保存されている初代「祭畤(まつるべ)大橋」とのことでした。


EOS_0652.jpg     EOS_0655.jpg

栗駒山付近ともなると急峻で幅員の狭い道路となりグイグイ標高も上がります。道路脇にも残雪がチラホラ。平地が梅雨入り前なのにえらい暖かいので油断していました。栗駒山荘から小安峡に抜け・・・・れません。冬季閉鎖解除ってまだなんですね。山、舐めていました。迂回路もないのでそのまま国道342号線を走ることになり、湯沢市の東側付近まで下りざるえません。予定がズレましたので2日目に予定していた抱き返り渓谷を1日目にシフト。


EOS_0668.jpg     EOS_0670.jpg

EOS_0673.jpg

キャンプ地がすぐ上の横手市だったので先に現地入り。ずいぶん同じ方向に曲がる車両が多いなと思っていたら、キャンプ場が併設されている大松川ダム公園で「芝桜まつり」が絶賛開催中。そのうえ、このキャンプ場を利用するにはFAXまたはメールによる事前申請が必要だったんですが、職員の人がこのイベントで多忙のためメール確認していなかった?うえに、私も電話確認していませんでした。お互い現地にいるので「メールで送った(はず)」から確証を得られませんので、とりあえず、このまま利用してしまって良いとのこと。イベント中に手間とらせてしまいました。


EOS_0664.jpg     EOS_0669.jpg

一般の人からの奇異の目を受けながらテント設営。前回の会社先輩との山形キャンツーで三角テントを見て物欲がゼロヨンしてしまったため、購入してしまった登竜門的三角テントです。「初張り=本番」といういつもの流れで開封したため、シームコート剤がポロッと出てきた時にはおったまげましたね。抱き返り渓谷まで片道1時間半、見学に2時間を要する時点で微妙だったのに塗布作業まで・・・・。もう、この作業だけ終わらせて、のんびりキャンプを楽しもう。そう、思いましてね。ところがどっこい初張りでピンと張れていないうえに案外と風が強くて、中々、作業が捗りません。何だかんだで1時間半ぐらいかけてようやく終わりました。


IMG_4107.jpg     EOS_0677.jpg

予定が大幅に崩れてしまいましたがそこはひとり旅。バイクで5分ほどの道の駅「さんない」にて「いものこうどん」を頂き、ビールとおつまみをゲットしまして他の人が帰り支度の中、ひとり酒開始。ホロ酔いでグダグダする最高の時間帯です。山内地域局に申請さえすれば、キャンプ場どころか公園内全域で除草・清掃が行き届いているうえに無料。キャンプするだけなら最高です。しいて言うなら一般道のすぐ脇がサイト、それも14サイトだけなのと、そのサイトがだいぶ縦長なこと。ファミキャン用のセットは張れそうにない気がします。タープとテントを別枠で借りられてもペグダウンするスペースがないような。皆さん、どうしてるんですかね?

テーマ : キャンプツーリング
ジャンル : 車・バイク

tag : バイク ツーリング キャンプ 東北 秋田

【茶子】出会ってから470日目「草原」

 
EOS_0609.jpg

奥様が会社同僚から大崎市「御本丸公園」がコスモスシーズン以外は人がいなくて犬の散歩にいいかもね。なんて情報を仕入れてきましてね。ピクニックかねて行ってみることにしました。

駐車場より徒歩1分。いきなりそのコスモス園に出ます。脇には人力列車?のレールが。広場脇には野外ステージ。土手の上には展望台。いやぁ、コスモス見ろと言わんばかりの配置。ちなみにその奥の散策路は草ボーボー。シーズン外ですからね・・・・。散策路というよりは里山の登山道的な道は山全体にあるのですが、ノミ・ダニが怖くて家犬を連れて入れません。

もうちょっと、ピクニック~♪的な広場を期待していたので、早々に引き揚げましてね。最近、キャンプ用品テスト場となっている石仏広場にてお昼としました。御本丸公園の状況が分からないのでタープではなくサンシェードを持ってきていたのですが、もちろん濃い影などできるわけもなく座ると顔の辺りだけモヤモヤと暑い。まぁ、そんな感じでした。ちなみにうちの茶子さんはビビリなので中々シェード内に入ってくれず強い日差しの中、外の外?にいました。


EOS_0616.jpg


EOS_0620.jpg

EOS_0619.jpg

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

tag : ペット 柴犬

【雑記】地元港湾イベント

 
EOS_0603.jpg     EOS_0608.jpg

イタリア客船「コスタ・ヴィクトリア」が地元に寄港するというので、会社絡みの取材兼うちの奥様も見たいということで家族サービスこみこみでイベントに行ってきました。

はい、あの強風で接岸できるわけがありませんでした。
見えます。見えますよ。遠~くにですが。

歓迎する相手がいないので歓迎式典もなし。陸上イベントだけするもあの強風下ですのでPRコーナーや縁日コーナーもあれど客足がどんどん減っていきます。ホットコーヒーやフランクフルトも買ったそばから冷えていきます。風や広さに対してスピーカーが足りないので肝心の演奏や演舞の迫力もイマイチ。

キャンプもそうですが屋外イベントは「雨」「気温」とともに「風」も天敵ですなぁ。

tag : 雑記 イベント

【ツーリング】岩手県境ぷらツーリング [Bandit]

 
EOS_0555.jpg     EOS_0552.jpg

スゴイ。スゴイよ藤沢。三陸自動車道から道の駅「林林館」のある国道346号線を通りまして藤沢のちょっとした峠道を越え岩手県入りした矢先。こんなん出ました。道路脇に普通にあります。

日曜日は豪華客船が地元に寄港するということで会社の取材兼家族サービスで予定が入ってしまったのでキャンツーは無し。日帰りなら自転車かとも思ったのですが風がいくぶん強かったのもありバイクでぷらっと出掛けた先のことでした。

千厩方面から道の駅「かわさき」向かいの湖月亭にて金時まんじゅうを購入。これがあれば家族サービスしなくても神の裁きが落ちないというレアアイテムです。

そこから、花泉運動公園に寄ってみました。ここも北上総合運動公園同様にキャンプサイトが併設されています。ファイヤーサークルがあったり炊事棟脇に多くのテーブル・ベンチがあったりと設備的には充実していますが、草地サイト自体はかなりこじんまり。10張もいけないような感じです。

野球、テニス、サッカーグラウンド側とは反対側になり、その奥はため池となっているため日中帯は遠くから子供たちの声が聞こえるぐらいで騒がしくもないし、静かすぎることもない感じでしょうか。夜も近隣に住宅があるためあまり怖いイメージもありません。トイレもきれい。駅、コンビニは近いですが入浴施設は近くになさそうです。まぁ、シャワー設備はあるのでこれからの暖かい季節は大丈夫ですね。

ただ、ため池(水場)があるのでもっと暑い季節はブヨなんかどうなんでしょう。なんにせよ、無料キャンプ場でこれほどならありがたいので大事に使ってもらいたいものです。

キャンプ場の下見も終わり、ここから近くといえば「岩手サファリパーク」がありますが、おっさん1人で2,500円を出してまでアレかなと、お隣の「館ヶ森 アーク牧場」に寄りました。こちらは入場800円。食事、お土産のみなら無料です。春の花でも咲いているかと入園してみましたが、少しだけ早かった感じでしょうか。子供広場的なところはありますが、ゴミ問題などがあるのか園内は飲食不可。いまいちのんびりするところがありませんでした。


EOS_0559.jpg     EOS_0561.jpg     EOS_0568.jpg


EOS_0571.jpg     EOS_0574.jpg     EOS_0578.jpg


EOS_0582.jpg     EOS_0583.jpg     EOS_0587.jpg

【自転車】気分一新

 
EOS_0549.jpg

購入初期のバーテープが白いせいもありますがグローブの色移りや手汗によってだいぶ黒ずみが目立ってきてしまいましてね。

最近、泊りはバイク、日帰りは犬との散策(または家族サービス)で自転車に乗ってあげられていませんでしたし、これを一つのきっかけにしてもう少し乗る機会を増やしても良いのではと思っています。

定番のまっ黒がやはり無難そうではありましたが、オレンジがあるということでそちらを巻いてもらいました。巻いてもらってもバーテープ代+500円。1年に1度でも安いもんです。・・・・乗っていればの話ですが。

tag : 自転車

【茶子】出会ってから458日目「斜塔」

 
EOS_0547.jpg

さながら、「窓際の猫」って感じなうちの茶子さん。前の監視塔(Blog記事)は西側で道路がよく見えなかったのですが、茶子さんに慣れてきたうちのオカンが部屋にも入れるようになりましてね。東南で道路がよく見えますので毎日元気に通勤しているようであります。







EOS_0548.jpg

「盛り」具合までパワーアップしているようです。YAMADAクン。全部持って行ってぇ!

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

tag : ペット 柴犬

【ツーリング】徳仙丈山ディツー [Bandit]

 
EOS_0516.jpg
迷走した県道18号線。ここはここで楽しい道でした。

4日の天候が危ぶまれましたがそんな酷い状況になる事なく快晴の5日を迎えられました。GW中はどこも混んでいるだろうとその前の2週にわたって福島、山形とキャンツーしましたのでGWは特に大きな予定はありません。が、天気が良い。これはさすがに日帰りでツーリングでもするかな。と、思いましてね。ツツジで真っ赤になるという徳仙丈山あたりなんて距離的にも良いかと行ってきました。

んー、基本、日帰りって同じ道、それも近場の道を走ることになりますよね。片道50kmほどですと自転車で走っているので飽きているんですよね。だからと行って片道100km以上に設定するとほとんどバイクの上。なので、ディツーはしてきていませんでした。まぁ、走り出してしまえばテンションは上がるんですけどね。

で、三陸自動車道を北上して道の駅「林林館」でちょっと休憩後、岩手県を少~しだけかすめる国道346号線を進みます。信号もなくブラインドコーナーもまずない山間の田舎道をのんびりと前の車に追従します。田植えの季節で農作業をする姿を眺めながらツーリング。日帰りでもこういうのなら良いやねぇと思っているうちに分岐の津谷に入りました。

「津谷を左上に」としか覚えていなかったため、ここで県道18号線に入ってしまいます。15分ほど走って徳仙丈山の真西あたりに来ても入るルートが見当たりません。そりゃそうです。県道65号線気仙沼本吉線から入るのですから。津谷へ戻り県道65号線を北上するとまもなく入り口の看板を発見。とても狭い、しかしとてもキレイな道路をほどなく上ると砂利の駐車場が2つ。

徒歩10分ぐらいだべ。なんて甘い考えで、バイクウエア、バイクシューズでカメラ片手に登ってみました。はい、辛いです。そして、暑いです。水もありません。あぁ、「山を舐めんな!」って叱られてもしょうがないよねこれ。なんて、反省しつつとぼとぼと歩きます。残念なことにツツジも3分咲きていどです。赤いっちゃ赤いですが赤ちゃんのほっぺぐらいでしょうか。(伝わらない)

最後の急坂の登坂を終え、海も見える360度パノラマよりも「はぁ、涼しい・・・・」でした。途中の立看板で知ったのですが、登坂ルートは本吉ルートと気仙沼ルートがあったようで気仙沼ルートのほうが見ごたえ(歩きごたえ)があったようです。駐車場や道路も広そうなのでツツジがメインの方はそちらからのほうが良さそうではありました。

帰りがちょうど道の駅「林林館」あたりでお昼頃でしたので、「これ、油麩丼でもいっちゃう?」みたいなノリだったんですが、周辺にある飲食店は1か所ほどしかないため館内が人でギューギューです。あぁ、人ゴミ苦手なのよねぇ。結局、どうしても食べたい!って訳でもなかったのでコンビニおにぎりになりました。昔からそうなんですが、コンビニってサンシェードのたぐいがないんですよね。サービス外と言えばそうですが、夏の暑い季節に日陰のない道路を散々走ってきたチャリダーやバイカーには冷たい飲み物と日陰が欲しくなるもんなんです。

EOS_0524.jpg     EOS_0529.jpg     EOS_0533.jpg


EOS_0537.jpg     EOS_0543.jpg     EOS_0545.jpg

tag : バイク ツーリング 東北 宮城

【キャンプ】夏用タープ試し張り

 

IMG_4099.jpg

大概、ぶっつけ本番なんですが珍しく試し張りなんてしてみました。飲み物ひとつ持ってきていないあたりが私らしいです。ちなみにけっこう風の強い日でした。

キャンツーではメインタープとなるmont-bell「ミニタープHX」。サイズ・重量とも概ね満足していたんですが、昨年7月上旬の岩手県北部(Blog 記事)の日中帯で遮光性、遮熱性がイマイチと感じましてね。まぁ、ソロ系のタープは「収納サイズ」優先ですしね。そこまでのスペックを求めるならファミキャンの重いやつ持って行けという話になってしまいます。

そんな中、Solo Stoveを買った犬山さんとこで「Brack Tarp 400S」なんてものを発見。サイズ違いのがなぜか「 Bat Wing 500S」と名称まで違います。こだわってますなぁ。400Sは理由は分かりませんが現在取り扱いしていないようです。このタープ。何が良いって陽射しを反射する「銀面」と遮光性アップのため?の「黒面」があります。そうリバーシブルです。昼は銀面を上。夜はランタンなどの明かりを反射するため黒面を上。なんて、使い方ができます。おっさんの心鷲掴みです。

実はこれとっくの前にキャンツーへ持って行っていたんですが、テント用の15cmペグでは用をなさず、ソリステでは重すぎて持って行く気にならず泣く泣くお蔵入りしていた秘(死?)蔵品です。先日、キャプスタの23cmジュラペグを見つけましてね。これなら耐えれるかなと、早速、2セット購入して今回の張りテストとなりました。


IMG_4100.jpg
複数人用?(200cmポール)


IMG_4102.jpg
ソロ開放用?(165cmポール)


IMG_4104.jpg
ソロひきこもり用?やや風が強い時用(165cmポール)

結果、ソロの時は地べたリングですし165cmがちょうど良さそうでした。比較用のチェアは旧型のヘリノックス「チェアワン」です。人気品はフルモデルチェンジが早い。

tag : キャンプ

プロフィール

けたぐり小僧

Author:けたぐり小僧
宮城県沿岸部在住。鈴菌保菌者のコミネマン。自転車・バイク・パン作り・二胡。ゆる登山や温泉旅行。素人だけに楽しい日々。万歳!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる