1. 無料アクセス解析

【雨風食堂】焼きドーナツ

 

IMG_1213.jpg

地元のミスド。震災後、気付いたらいまだ休店なんですよね。なんて話を聞いたらひさしぶりにドーナツが作りたくなりましてね。ヨーカドーへとひとっ走りしてわざわざ「型」を買ってきました。今流行りの「焼きドーナツ」です。レシピが2シート(型)分でしたので単一デザインのノーマルタイプとアソートの型をひとつずつ大人買いです。8分目という取説をまるっきり無視した酔っ払い2人が型いっぱいに食材を入れたもんですから設定時間の半分も焼いていないのにドーナツが溢れていました。はたして型の意味があったのか不明です。


IMG_1210.jpg     IMG_1211.jpg     IMG_1212.jpg


■23個分??
------------------------------
ホットケーキミックス 200g
卵 1個
牛乳 100ml
溶かしバター 大さじ1
メープルシロップ 30ml

オーブン時間(180度)
・ノーマル 15分
・アソート 23分  ←なんで??
------------------------------

tag : 料理 ドーナツ

【雨風食堂】メープルナッツスコーン

 

IMG_1209.jpg


奥様 「スコーンが食べたい」

私 「買ってくれば?」


という夢を見ました。

メープルシロップを火にかけて泡立ったところで一呼吸おいてさっくり割ったクルミを投入。さっと煎るような感じで火を通したら皿にあげて祖熱をとりました。これが、メープルナッツというものらしいですね。その後、包丁で適当に細かくして、色々な思いとともに練った生地へ押し込んでオーブンへ。一番、メンドーだったのがメープルナッツの取り扱いでした。あれ、ベタつくんですよね。


■6個分
------------------------------
薄力粉 100g
きび砂糖 大さじ1
BP 小さじ1
塩 ひとつまみ
豆乳 40ml
菜種油 大さじ2

※メーブルナッツ
くるみ 50g
メープルシロップ 大さじ2
塩 ひとつまみ
------------------------------

tag : 料理 スコーン

【雨風食堂】ブルーベリーマフィン

 

IMG_1206.jpg

最近、パソコン使っていると目が疲れましてね・・・・。「あぁ、年かなぁ・・・・」と思わせられるわけです。ちょっと面白くないのでリッチでニッチな大人的対応をとろうかと思いましてね。「大人げない」とはちょっと違いますよ。けっして、違いますよ。とりあえず、奥様に一家の大黒柱としてバーンと媚び諂い命令しましてブルーベリーを買ってきてもらいました。あれ、目に優しいらしいんですよ。薬事法うんちゃらで詳しく記載されていませんでしたが。まぁ、冷凍品がどれだけ効くのか分かりませんが。なにがとりあえずかは分かりませんが、とりあえず全投入してみました。マフィンに。5個レシピを単純に2倍にした量で作ったのがイケないって言うんでしょうか。もしや、ベーカーズパーセントみたいなのありましたかね・・・・。「ブルーベリー入りマフィン」というより「マフィン風ブルーベリー」です。半分にカットしたら9割がブルーベリー。なにこれ怖い。キモカワいいレベルじゃないです。グロいです。違いがよく分かりませんがJK風に言ってみたかったのです。


IMG_1199.jpg     IMG_1203.jpg     IMG_1204.jpg


■直径7cmマフィン型 5個分
------------------------------
薄力粉 100g
BP 小さじ1
豆乳 80ml
きび砂糖 20g
菜種油 大さじ2
メーブルシロップ 大さじ1
ブルーベリー 100g  ※生・解凍どちらでもOK
------------------------------

tag : 料理 マフィン

【バイク】長距離的な何か [バンディット1250]

 

IMG_1194.jpg

春からの連泊ツーリングのためにチマチマと対策していました。いや、してもらっていました。はっはっはっ。グリヒ、ハンカバ系の防寒もOK。パニアケースも購入しています。シート、タンクバッグも大丈夫。あとは、給電かなと。カメラやら携帯電話やらのバッテリーが不安となりながらツーリングするのも気持ちが悪い。だからといって、充電のために漫喫などに入るのも時間とお金が馬鹿くさい。「ついで」に充電したいわけです。なら、シガソケ後付かな、と。シガソケが付くならナビかな、と。そう、思いましてね。次の3品を用意しました。

・ニューイング「DCステーション シングル NSMS-002」
・タナックス「デジケース ハンドルタイプ マウントセット MF-4701」
・NANKAI「マルチホルダー KANI シリーズ PB-04 クランプアダプター」

USB側の電力に難ありっぽかったのでシンプルにシングルのほうを買いました。キーON/OFF対応としたかったのでヒューズボックスの「ロービーム 10A」からとってもらいました。ナビのマウントはだいぶ悩んだのですがハンドルマウントのバッグタイプです。ナビ対応タンクバッグやRAMマウントでむき出し装着なども考えたのですが、A4マップル対応のタンクバッグがもうありましたし、むき出しで装着もキズや取り外したあとに本体+ケーブルを入れる物を考えるのも面倒でした。それに、ETCが比較的安く移植もしやすい一体式でハンドルのド真ん中にマウントされているんですよね。ETCが邪魔なときは、ブレるのが怖かったのですがクランプアダプターでもって逃げをうつかと思っていました。が、師匠がうまく取り付けスペースを作ってくれましてね。にしても、もともとの電装品+シガソケとナビバッグでハンドル回りがゴチャゴチャとなりました。それが逆にワクワクドキドキもしますが、全品防水とはいきませんでしたので急な雨の際などは対応で大わらわになりそうな予感です。とにもかくにも春が楽しみです。

■デジケース
ケースサイズ 105(H)×165(W)×35(D)
収納スペース 85×145×22
最大収納重量 1kg
容量 0.3L


IMG_1190.jpg     IMG_1191.jpg     IMG_1192.jpg

IMG_1193.jpg     IMG_1195.jpg     IMG_1196.jpg

IMG_1197.jpg     IMG_1198.jpg

tag : バイク ツーリング用品

【バイク】指先寒さ対策 [バンディット1250&レブル250]

 

IMG_1177.jpg

手が冷たいとボヤく奥様。クラッチが重いと嘆く私。利害は一致です。奥様の手の防寒にスカイウェイブのハンカバをレブルに移植しようかとも思いましたが、その前にレバーグリップなるものをテストしました。ハンカバは最終手段とします。私は機能重視ですので気にならないのですがハンカバはやはりアレですからね。

用意したのは、NANKAI「プロレーシング レバーグリップ LG3045(ブルー)」とNANKAI「プロレーシング レバーグリップ LG3044(レッド)。車体色にある程度合わせてみました。レバー先の丸い部分を越えれるかどうかが勝負どころです。取説どおりですと「中性洗剤」を利用するらしいのですが後処理が面倒だったので無理やり押し込んでみます・・・・。入りませんね。と、いうか滑りません。まぁ、逆に言えば「抜け落ちることはないよ」という安心の証となるのでしょうか。結局、台所洗剤を丸い部分にヌリヌリして押し込みます。ヌルリと。そこさえ越えればあとは簡単。むしろ洗剤をきちんと洗い落さないとクルクル回ります。クルクルランドです。

私が握った感じでいきますと若干、手の幅より狭い(短い)ですね。これはあれです。右はフロントブレーキですので4本でがっちり握ることはないのですが、左のクラッチレバーは4本指仕様です。ひさしぶりのマニュアル車、それもリッターバイクのせいか2本掛けや3本掛けはまず無理です。4本でも長時間のライディングは厳しいかもしれません。「握るんじゃなくて引くんだ!」と心の修造が騒ぎ立てますがまだその境地には立てそうもありません。雨の日だと回る可能性がありますが、晴れの日はまず大丈夫そうです。もちろん、あるていどのグローブを装着していればレバーからの金属の冷たさが伝わってくることもありません。安く済ませるならば・・・・有名な「ちくわスポンジ」でも良いらしいですね。


IMG_1174.jpg     IMG_1175.jpg     IMG_1176.jpg

IMG_1178.jpg

tag : バイク 防寒用品

【雨風食堂】チョコマフィン

 

IMG_1188.jpg

ワンボウルマフィンいいよワンボウルマフィン。今回は、前回の「玉ねぎマフィン」がしっとりだったのを加味してオーブン時間を5分プラスして180度30分で焼いております。シリコンカップなので型紙は省力していますがどうなんでしょう。離れやすいですが盛り付けたときにアクセントはないですね。洗ったときにシリコンカップの狭いところに材料が残りやすいのもデメリットです。まぁ、マフィンカップの在庫を管理しなくてよいっていうのは田舎にはありがたいですが。


IMG_1184.jpg     IMG_1185.jpg     IMG_1189.jpg


■直径7cmマフィン型 5個分
------------------------------
薄力粉 100g
ココア 大さじ1
ベーキングパウダー 小さじ1
豆乳(成分無調整) 100ml
きび砂糖 30g
菜種油 大さじ2
メープルシロップ(ミディアム) 大さじ1
チョコチップ 50g
------------------------------

tag : 料理 マフィン

【雨風食堂】玉ねぎマフィン

 

IMG_1183.jpg

ガトーショコラ、パウンドケーキとバター、タマゴ勢がポールポジションからワンツーフィニッシュと常勝ムードでしたので、逆にそれらを一切使わない、なかしま女史の「ごはんのようなシリーズ」のマフィンレシピ版を購入してきましてね。自分のレベルでどれだけ膨らむのか練習です。本の最初に載っているのがいきなり「玉ねぎ」です。唖然、愕然としましたね。プレーンかな、もしかしてフルーツ系かな。なんて思っていたのですが玉ねぎです。食パンレシピ本でもホウレン草やニンジンなどは後半にしか出てきません。それが、先陣を切っているわけです。「意外かもしれませんが玉ねぎの甘みが~」などとなっていますが、マフィンを作ったことがない人でも良いのでしょうか。と、思いつつ作業開始。ワンボウルに具材を次々と投入して混ぜるだけ。むしろ、注意点が「混ぜすぎるな」です。そのかわり、薄力粉はきちんとふるってあげます。やだ・・・・すごい簡単です。そして、180度に余熱したオーブンで25分。私のオーブンですと電気のせいかプラス5分って感じでした。材料に豆乳を使うのですが、一番、小さいパックでも200ml。保存方法をきちんと考えていませんでしたので、半分余る豆乳は一気飲みです。「あなたの良いとこ見てみたい!ハイ、一気!!一気!!!」。正直、豆乳は苦手です。もちろん無調整ですので全然、飲みやすくない・・・・・。


IMG_1179.jpg     IMG_1180.jpg     IMG_1181.jpg

IMG_1182.jpg


■直径7cmマフィン型 5個分
------------------------------
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
豆乳(成分無調整) 80ml
きび砂糖 20g
菜種油 大さじ2
メープルシロップ(ミディアム) 大さじ1
玉ねぎ 小1個
菜種油 大さじ1 ※玉ねぎ炒め用
塩 適量
------------------------------

tag : 料理 マフィン

【雨風食堂】ナッツ入りバニラパウンドケーキ

 

IMG_1171.jpg

仮住居時代は歩いて10分のところにスーパー、デパートが4店舗もありましてね。ストレス発散に食材を買い漁ったことがあったのです。前回のクルミ入り天然酵母パンもクルミがあったので・・・・・。そのまた、前の白玉ぜんざいも白玉粉が。うぐいすだんごもきな粉が。で、今回はアメリカンナッツが。ナッツをローストしてどうのとか考えるのが億劫でしたのでパウンドケーキに混ぜ込むことにしました。ちょっと前に作ったガトーショコラのときにバターに苦しめられたので500度20秒を30秒に増やし、太線の泡立て器で上白糖とバニラエッセンス、ポッカレモンを混ぜ込みます。混ぜ込みたいのですが・・・・また、泡立て器のなかに。キッチンが寒すぎるのでしょうか。加熱しすぎも怖いのですがこの時期ならもう10秒ほど増やしみましょうかね。バターが白っぽくなったところで、ハンドミキサーを使って別立てでメレンゲを作り、バター側と合わせて粉類をふるい入れました。あとは、型に入れて170度45分で焼き上げ。んー・・・・、どうも膨らみが悪い。これは1年前のシフォンケーキから続く「膨らみ足りない病」です。メレンゲが絡むと調子悪い気も。

原因として考えられるのは、

・ベーキングパウダーが古い
・卵が古い
・メレンゲの泡立てが足りない
・生地を混ぜすぎ

どれも思い当たる不思議。にしてもレシピ通りだと甘い。作るけど食べない(味見はする)私どころか、作らないけど食べる奥様ですら甘いというのでよっぽどなのでしょう。まぁ、甘くないよりは甘すぎるほうがケーキらしいですが。次は、甘みをちょっと調節しましょうかね。


IMG_1166.jpg     IMG_1167.jpg     IMG_1168.jpg

IMG_1169.jpg     IMG_1173.jpg


■7.5cm×15cm×7.5cmパウンド型 1台分
------------------------------
無塩バター 110g
上白糖 70g 生地側
上白糖 30g メレンゲ側
卵 2個(L玉推奨)
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
------------------------------

tag : 料理 菓子

【雨風食堂】クルミ入り天然酵母パン

 

IMG_1154.jpg

サラ秋田白神「白神こだま酵母(ドライ)」を使って天然酵母食パンを作ってみました。天然酵母のはバターを使わず特有の甘みと香りを楽しめるみたいよって話をしたら、健康食志向の会社の同僚からも食べたいようなことを言われたので、平日の夜に急遽、タイマー予約を試すことになりました。こだまはタイマー予約できないと訊いていたのですが、各Blog記事を見るとチラホラと作られている人がいるんですよね。ポイントは、パンケースへ入れる順番。塩を解いた水を先に入れ、次に強力粉(+全粒粉)をふるい入れるようです。普段は粉をふるったりしなかったのですが、天然酵母のときは粉をふるったほうが良いというBlog記事がありました。その上に、砂糖とこだまを・・・・って。わが家のはパナソニック「ホームベーカリー SD-BH103」にはドライイーストと具材の自動投入機能があります。もしかしたら、通常の食パンと同じ手順でも良かったのですかね? こだまもドライタイプを買ってきてますし。とりあえず、引っ越しのゴタゴタであまっていたクルミとこだまを自動投入側に入れタイマー予約セット。朝、普通に焼きあがっていました。

※注意 天然酵母パンを食べた経験は総じて少ないので鵜呑みにしないでください


IMG_1138.jpg     IMG_1139.jpg     IMG_1140.jpg

IMG_1141.jpg     IMG_1155.jpg


■ホームベーカリー 1斤分
-------------------------------------------
強力粉 250g
上白糖(5%) 12.5g
塩(1.5%) 4g → 3g ※奥様 塩少なめ指定
酵母(8%) 5g ※固定
水(55%) 137cc → 160cc ※あまりにも少ないかと自己判断
クルミ(15%) 37.5g → 40g ※1袋全部
-------------------------------------------
※レシピはホシノ酵母用のベーカーズパーセントを流用

tag : 料理 パン

【雨風食堂】ガトーショコラ



IMG_1152.jpg

なんとなく作りたくなりガトーショコラです。並べた食材のチョコレート125gと同量のバターを見ただけでグッとなりそうでしたが。まずは、クーベルチュールを湯せんで溶かし、バターをレンジで室温まで戻しました。いや・・・・溶かしたつもりでした。バター8割が泡立て器の中に入ってしまいました。どうやら、125gというバターの塊を一度に室温へ戻すのに加熱が足らなかったようです。4等分ぐらいにしておけば良かったと後悔。とにかく、奥様と2人掛かりでベタつくくせに中途半端に固いバターを菜箸などを使って泡立て器から落としつつ作業を進めました。ようやく、バターが溶けて白っぽくなってきたところで、何回かに分けてグラニュー糖やチョコ、卵に薄力粉etcを混ぜ込んでいきます。混ぜる手にけっこうな重さを感じていたのですが最後に薄力粉を混ぜたときから「ふっ」と軽くなりました。もりもりと体積が増えかなり膨らみを感じます。ゴムべらでボウルより型へと移し180度に予熱した電気オーブンで20分、その後、170度に落とし25分。レシピどおりに12cmのデコ型を使ったのに型を大きくはみ出しています。まぁ、焼く前に材料を型へと移した時点でほぼ満杯でしたからね。まるでキノコ。毒々しいったらありゃしない。焼きあがり後、2度ほどショックを加え冷ませば外カリ中シットリのガトーショコラはとりあえず完成です。はい、不格好ですが。


IMG_1142.jpg      IMG_1144.jpg      IMG_1145.jpg

IMG_1146.jpg     IMG_1147.jpg


■直径12cmデコ型 1台分
------------------------------
無塩バター 125g
グラニュー糖 85g → 70g
クーベルチュールチョコレート 125g → 140g ※1袋
全卵 100g(M2個)
薄力粉 35g
粉糖 適宜
------------------------------

tag : 料理 菓子

プロフィール

けたぐり小僧

Author:けたぐり小僧
宮城県沿岸部在住。鈴菌保菌者のコミネマン。自転車・バイク・パン作り・二胡。ゆる登山や温泉旅行。素人だけに楽しい日々。万歳!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる