1. 無料アクセス解析

【里山山行】 撮影目的で「J品山」

 


社内誌の表紙用写真を依頼されていましてね。日帰りツーリングの後でしたが、明日から仕事なので裏山的里山「J品山」に果敢にもSkyWaveにて行ってまいりました。

林道を爆走(でもない)するビッグスクーター。ちょっとした落ち葉や落ち枝ですぐにオットットになりますが、知る人ぞ知る滝見ポイント近くまで無事到着。10分ほど徒歩で登坂して撮影してきました。

雪解け時期ならまだしも前日に雨も降っていない滝は、それはそれはショボいものでしたが紙面構成担当に匙を投げたいと思います。

【里山登山】栗駒山(紅葉)

 
P9200090.jpg
<栗駒山 須川コース登山口>

自転車仲間のお誘いで須川方面からの栗駒登山であります。ちょうど紅葉が始まりGoodなタイミングだったのですが、秋田側からの雨雲も(ネタ的に)Goodなタイミングでなおかつピンポイントで栗駒山に直撃しました。

山の中腹時点で車のフロントガラスには水滴が。登山口駐車場についた時点で普通に雨が降っていました。世間の予報とは裏腹に登山口・・・・大雨。予定より30分も早く到着したのにこれです。

西側に雲の切れ目が見えつつも中々晴れてくれず、車2台に大人ぎっしりで天候の回復を待つだけもあれかと、一旦、小安峡あたりで時間をつぶすことにしました。


P9200056.jpg
<小安峡 大噴湯>

大噴湯イエーイ。今年、3度目ぐらいですが・・・・イエーイ!(必死に)


P9200070.jpg
<稲庭うどん 佐藤養助 本店>

いつも時間が合わずに通り過ぎていた本店ゲットであります。10時という物凄い中途半端な時間なはずがほぼ満席。まぁ、それだけはありました。基本、そば派ですが稲庭うどん万歳。

食べている間にも空が明るくなり、駐車場が埋まる前にとそそくさと登山口駐車場へと戻りましてリスタート。


P9200078.jpg
<栗駒山 須川高原温泉登山口>


P9200109.jpg
<栗駒山 須川コース 苔花平?>


P9200111.jpg
<栗駒山 須川コース 名残ヶ原>


P9200112.jpg
<栗駒山 須川コース 昭和湖>


P9200122.jpg
<栗駒山 須川コース 硫黄山手前?>


P9200124.jpg
<栗駒山 須川コース 硫黄山?>


P9200127.jpg
<栗駒山 須川コース 硫黄精錬跡地?>

コース。うろ覚えです。そして、山頂の土は踏んでいません。コース難易度というよりメンバーの経験則的な話で手前の昭和湖にて休憩後、下山です。結果、それぐらいでちょうど良かった気がします。移動時間のほうが圧倒的に多かったですけどね。

【里山山行】自転車組とお茶会

 

IMG_1369.jpg     IMG_1370.jpg     IMG_1379.jpg

先日、お世話になっているメガネ屋ライダー氏より「お茶会」の誘いがありまして参加してきました。山行というより野外茶会付きの気軽なハイキングです。超地元の山でしたのでふもとの駐車場までパパチャリで向かいまして、そこからスタートして1時間弱。いきなりのお茶会スタートです。消費カロリー<摂取カロリーのような気もしますが賽はすでに投じられております。まぁ、ハイキング付きのお茶会ですから。

参加者に若かりし頃に北海道バイク旅行やらランドナー旅行やらと経験豊かな方々がいたので私は箸をもってチンチンならしていれば良いという状態でした。パーティー会場が道端の東屋でしかもスタート地点から1km進んだっけ?という場所ですから地元ハイカーの方々の視線が心地良かったですし、頂いた差し入れも美味しかったです。食べるのが忙しくて写真も撮っていないあたりがさすがですね。

ただ、ハイキングも良いですが緩やかな里山に来るとどうしても自転車のほうが良いなと思ってしまいますね。下りが楽ですし。ヒザの調子がもっと良くなりませんかねー。

tag : 里山山行 お茶会

【里山山行】泉ヶ岳 - 1172m 東北百名山

 

IMG_1082.jpg

年明け「初登山」。それも冬の泉ヶ岳なのに奥様同伴です。奥様が行った冬山ハイクなんてだいぶ前・・・・2010年。2月の七ツ森の散策路ハイクや3月の大森山以来でしょうか。それも自分で言い出しました。泉ヶ岳はスキー場もあるので標高500mまでは車で行けますし、仙台近郊で冬山を楽しむとなればまずここが候補になるのでしょうか? 昨年のイメージでかんじきと6本爪アイゼンは持ってきました。逆にいえば、ピッケルや10本、12本爪アイゼン。それに対応する重登山靴はないという話なんですけどね。きちんとした山岳会へ所属して2000mを越える冬山を踏破しよう。というのもないですし、自分には必要ないと思っています。ただ、どこであろうと冬山での行動不能は死に直面するためツェルトとシグナルミラー、エマージェンシーシートは用意しておきました。今年の泉ヶ岳は、たまたまなのか積雪は少なかったですね。それでも、地元とはえらい違いますが。上りはすぐに息が上がる奥様のペースで、下りはすぐにヒザが痛む私のペースで進むのでとにかく遅いのですが、とくだんトラブルはなかったですね。奥様は人生初の6本爪アイゼン装着で臨みました。4本よりグリップ力はありますし、前爪などもないのでスパッツなへの引っ掛けも少ないためアイゼン歩行の慣れも早かったです。ハイキング程度の私たちにはほどよいアイゼンですね。ただ、「水神碑」を越したあたりからは斜度もきつくなりますし、山頂付近では風も強く、気温も下がってきていたのと奥様的体力の問題で「次があるよね」と2人で納得して「さいの河原」にて下山としました。アルミ製ワカンジキとMSR EVOツアーはあるので、どこかの麓で適当に雪ハイクして食事して帰るぐらいでも私たち夫婦なら十分な気もしますね。


IMG_1084.jpg     IMG_1086.jpg     IMG_1089.jpg

tag : 登山 県内 泉ヶ岳

【里山山行】御駒山 - 520m

 

IMG_0432.jpg

早春。だんだんと暖かい日が増えてますね。同行する奥様の年内の山行が今年初の山行となる今回で決まります。なので今回は「お花見」メインでの山行です。「小学生が学校の合宿で登る」というフレコミで、かつ! 早春にキレイな花が咲く山。はい、御駒山です。距離的にもグ~。ロイズのチョコも取り扱っている道の駅「あ・ら・伊達な道の駅」もあります。

続きを読む

tag : 里山山行 宮城 県北

【里山三行】超裏山的な

 

春分の日だというのに風が冷たい。でも、せっかくの休日なのでどこか行こうか。と、なりましてね。ご近所の里山へママ(パパ)チャリでお外カフェに行ってきました。山頂が芝生で開けているのでハングライダースポットにも使われているのですが、気温5度あるかないかの今日もやっていましてね。挨拶だけすませて隅っこでコーヒータイム。全方位が見渡せるうえに標高170mほどなので気軽に登れるのが良いんですよねー。


IMG_0263.jpg     IMG_0262.jpg

【里山山行】蕃山連峰?!でラーメンハイク

 

IMG_0116.jpg

自称シャイボーイのわたくしがラーメンハイクというフレコミに釣られてSNS系イベントに参加してきましたよ。仙台市 杜の都 緑の名所100選にも選ばれた「蕃山」「西風蕃山」「蛇台番山」+「萱ヶ崎山」。そして、ラーメン!

続きを読む

tag : 里山山行 県内 仙台近郊

【里山山行】冬の泉ヶ岳

 

地元は良くも悪くも降雪が少ない。な・の・で。たま~~~に、むしょ~~~に、スノーハイクがしたくなったりするわけですよ。でも、でもね。年だけくって経験積んでないおいちゃんとしては・・・・死にたくない。かつ、(楽して)楽しみたい。じゃあ、恒例というほどじゃないけどまた泉ヶ岳かと。保育所時代に好きだった子もイズミちゃんだったなと。(全然関係ない)

続きを読む

tag : 里山山行 県内 北部 冬期

【里山山行】泉ヶ岳 - 1172m 東北百名山 3山目(3回目)

 

マイナーどころの雪山山行が家族の反対に遭い、メジャーな泉ヶ岳に行ってきますた。

続きを読む

tag : 里山山行 泉ヶ岳 宮城 東北

【里山山行】潟沼&記念植樹の森散策(大崎市鳴子)

 

奥様。奥様母とご旅行。週末の日本海寒気の影響か新幹線が足止めくらっちまってやんの。うぷぷぷ。同じく、金曜の夜に自転車の準備をしていたのに土曜は地元も積雪しちまったけどな。凍結→転倒がこわいサラリーマンなので週末ぐらいは運動したい。しかし、ジムはいやだ。あれは平日のみの苦行だ。中途半端な積雪のところにいるから悪いのか。そうか。そうだな。

続きを読む

tag : 里山 山行 鳴子 潟沼

プロフィール

けたぐり小僧

Author:けたぐり小僧
宮城県沿岸部在住。鈴菌保菌者のコミネマン。自転車・バイク・パン作り・二胡。ゆる登山や温泉旅行。素人だけに楽しい日々。万歳!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる